第1回(5月27日開催)
 講師:バーテンダー(2005年カクテルコンペティション優勝)




バーテンダーになろうと思ったきっかけは、専門学校の授業の一環で受けたホテルでの実習の際に バーテンダーの仕事を見て憧れをもったとのこと。

バーテンダーとしての技術を磨くために、休みの日に日本各地のバーを巡り、自己投資を行っていたそうです。
バーに立つ間のお客様に見える仕事以外にも裏方の仕事があるが全てがバーテンダーとして成長していく 糧になったとのことです。また、お客様から学ぶことも多くあったそうです。

仕事に対するスタンスが確立されていて、迷いのなさに感銘を受けました。


カクテルコンペティションでの話では、 オリジナルカクテルを考え、作る時間は業務時間後であるため、体力的、精神的にプレッシャーだったとのこと。

それを乗り越えての優勝に精神的強さの大事さを学びました。



また、バーテンダーが会員の協会や、お客様も会員になれる協会など様々な団体に所属し、 協会認定の資格を取得するなど、日々研鑽を積んでいるとのことでした。


私たちも、普段お話を聞けない他業種の方の話を聞き、
業種や仕事内容は違っても、「お客様に喜ばれる仕事する」という共通する部分があり、 学ぶことの多かった、第1回の座談会でした。