インタビュー

インタビューの回答者は7月入社のスタッフです。

Q: なぜこの業界に入りましたか?
A: 自分の技術で生活していけるからです。

Q: どんな技術者になりたいですか?
A: お客様のニーズに応えられる技術者になりたいです。
   データベースを極めます!

Q: 会社の雰囲気はどうですか?
A: 面白い人が多く、家族のようにまとまっています。
   これからが楽しみです。

Q:休日は何をして過ごしていますか?
A: たまに旅行に行きます。今度茶道を始めます。

Q: 好きな言葉は何ですか?
A: 「一期一会」です。

Q: 最後に夢は何ですか?
A: 世界中を旅行したいです。

2009.07
--------------------------------------------------------
サンメディアが千代田区の広報で紹介されました。

紹介文:
サンメディアの魂は『未来に向けて挑戦し続ける』、
その熱いスピリットで知性と品性を兼ね備えた人づくりを行い、
お客様に満足していただくために何ができるかを常に考え、
「私たちの提供するシステムは伝説となる」


サンメディアの思い:
弊社では製品及びサービスは「人」と考えています。
システム開発会社は開発スキルがあることは当然のことです。
技術スキル+αの人間力向上の取組みとして人財教育を行うことにより、
いい人材が集まり、いい仕事を行い、雇用を拡大し、社会へ利益を還元するという、
本来企業が果たすべき役割を積極的に行っていけると確信しています。

  

2008.12
--------------------------------------------------------
インタビューの回答者は4月入社のスタッフです。

Q: 入社して1ヶ月、研修も終わりこれから実務に入りますが今の心境は
   どうですか。
A: 1ヶ月前に比べて慣れてきました。これから実務に入っていくので
   緊張しています。

Q: この業界を選んだ理由を教えてください。
A: 自分の身になることが多く、成長できる業界だと思ったからです。

Q: この会社を選んだ理由を教えてください。
A: 自分が成長できる会社だと思ったからです。

Q:気分転換の方法を教えてください。
A: 友達と遊んだり、ショッピングをすることです。

Q: 夢を教えてください。
A: 人の役に立つ便利なものを作ってみたいです。

Q: 最後に現在就職活動中の方へメッセージをお願いします。
A: 自分の好きな事を見つけ、それに合った会社を見つけられるように
    頑張ってください。



2008.06
--------------------------------------------------------

インタビューの回答者は10月入社のスタッフです。

Q: なぜこの会社を選びましたか。
A: 上流工程から作業に携われる環境だからです。
   それと、アットホームな印象を受けたからです。

Q: 仕事を通して何をしていきたいですか。
A: 一つのシステムのはじめから終わりまでを、一通り経験していきたいと
   考えています。

Q: 夢を教えてもらえますか。
A: ずっと働いていける女性になりたいです。

Q: 気分転換の方法を教えてください。
A: 友達とおしゃべりをしたり、いろいろなところへ出かけることです。

Q: 最後に現在就職活動中の方へメッセージをお願いします。
A: アットホームな会社なので、何でも相談や質問ができるので、
   私たちと一緒に働いていきましょう!

2007.10
--------------------------------------------------------

インタビューの回答者は7月入社のスタッフです。

Q: なぜこの業界を選びましたか。
A: 日々進歩していき、新しいものを見ていたいと思ったからです。

Q: 会社には慣れましたか。
A: みなさんが気さくに話しかけてくれたので、少しずつですが慣れてきました。

Q: 仕事に対する不安はありますか。
A: 数ヵ月後にきちんと成長できているか不安です。

Q: 夢を教えてもらえますか。
A: 今まで法律の勉強をしていたので、法律を融合させたシステムの開発を
   することです。

Q: 気分転換の方法を教えてください。
A: 楽器(マリンバ)で曲を弾くことです。

Q: 最後に現在就職活動中の方へメッセージをお願いします。
A: 一つ一つの出会いを大切にして、頑張っていってください。

2007.08
--------------------------------------------------------

インタビューの回答者は研修が修了したばかりのスタッフです。

Q: まずは、研修を終えての感想を教えてください。
A: この1ヶ月が早く感じました。
   学校では数年かけて習うことを1ヶ月で学んだので、
   はじめは不安でしたが、会社のカリキュラムがしっかりしていることと、
   研修担当の先輩のおかげで1ヶ月で習得できたことにビックリしています。

Q: 会社には慣れましたか。
A: 慣れました。
   この業界に対して暗いイメージを抱いていましたが、
   先輩達が明るくて楽しい人達ばかりなので安心しました。
   今後、少しずつ実務に入っていきますが、どれくらい貢献できるか
   不安を感じています。

Q: どうしてこの業界を選びましたか。
A: 学校でJavaやLinuxを学んで、興味を持ちました。
   また、この業界は一生仕事を続けられる業界だと思い、選びました。

Q: この会社を選んだ理由を教えてください。
A: 大企業ではなく、これから大きく発展していくという会社で
   密度のこい仕事をしたかったからです。
   また、この会社は夢を叶えてくれそうだと思い、入社を決意しました。

Q: その夢を教えてもらえますか。
A: 地方出身なので、故郷に錦を飾る(支社を作る)ことです。

Q: これから実務に入りますが、何をしたいですか。
A: 学生時代や今回の研修で身につけた技術を向上させ、
   いつか「この仕事はあなたに任せたい」と言われるような仕事を
   していきたいです。

Q: 今後の決意を言葉で表わしてください。
A: 「笑顔」です。
   理由は、辛いときでも笑顔を絶やさずに乗り越えていきたいからです。

Q: 気分転換の方法を教えてください。
A: 買い物や映画鑑賞をしてリフレッシュしています。

Q: 最後に現在就職活動中の方へメッセージをお願いします。
A: あなたの夢を叶えてくれる会社はきっとあるはずなので、妥協せずに
   就職活動をしていってほしいです。

2007.04
--------------------------------------------------------

インタビューの回答者は入社1年目のスタッフです。

Q: なぜこの業界を選びましたか。
A: 情報系の短大でプログラミングの勉強をし、業界に興味を持ったからです。

Q: 何で、この会社を知りましたか。
A: 就職支援サイトでの求人情報で知りました。

Q: どうしてこの会社を選びましたか。
A: 面接時に今後の目標を話したところ、それを理解し、
   叶えてくれると言ってもらえたから。

Q: 会社の印象はどうですか。
A: 優しいスタッフたちに囲まれて、毎日楽しいです。

Q: 仕事には慣れましたか。
A: はい。入社当初は仕事において自分のおかれている状況が掴めず、
   何をすれば良いのか分からなかったのですが、今ではある作業において
   何が達成されれば作業完了なのかを一人で判断できるようになりました。

Q: 今の実務で使っている言語を教えてください。
A: 現在はCやVBという言語を使って業務を行っています。

Q: 気分転換の方法を教えてください。
A: 職場では野菜ジュースやカフェオレを飲んで一息入れています。
   休日はデパートで買い物をしたり、映画のDVDを見たりして
   リフレッシュしています。

Q: 今後のあなたの展望を教えてください。
A: 人に使い易いと言われるようなシステムをつくりたいです。

Q: 最後に弊社へ入社を希望している方へメッセージをお願いします。
A: スタッフは皆心温かい人たちで、働きやすい職場です。
   未経験者でも優しくしっかり教えてくれるます。是非一緒に働きましょう。



2006.09
--------------------------------------------------------

インタビューの2006年7月の回答者は入社2年目の社員です。

Q: どうしてこの会社を選びましたか。
A: 先輩の社員から誘われ、やりたいことをさせてくれる会社だと聞いたので
   入社を希望しました。

Q: 入社後、会社の印象は変わりましたか。
A: 入社前に話を聞いていたので、特に印象は変わりませんでした。

Q: 入社後に新たに知った会社の一面はありますか。
A: 入社したばかりの社員でも発案したことを受け入れてくれる雰囲気が
   あることです。

Q: 今の実務で使っている言語を教えてください。
A: 現在はC、Java、Javaスクリプト、SQL、HTMLなどの言語を使って
   業務を行っています。

Q: 今後のあなたの展望を教えてください。
A: いずれは初期段階の設計からシステムに関わりたいと思っています。
   また、人材の育成にも携わりたいです。

Q: 最後に弊社へ入社を希望している方へメッセージをお願いします。
A: 一緒にがんばりましょう!
   やる気のある人の応募を待っています。


2006.07