今月の研修会

帰社日に研修会を行っています。

自社発サービスコンテンツの開発風景

私たちはシステムメーカーを目指しています。
その一環として、サンメディア発のサービスの開発を行っています。
『人々の暮らしを豊かに便利にするサービス』に徹底的にこだわっています。

2009.11
--------------------------------------------------------

現在そして未来への飛翔!

私たちは、「仕事と作業」その違いを常に意識しています。
全員の思いは一緒、「仕事をする!」で一致しています。

それは、
新しい物を作り出し、壁を乗り越えていく力。
思いを実現するためには、明確なビジョン、叶える方法、実行力が必要になります。

それを実現するために、今年入社のメンバーからベテランスタッフ、トップまで、
「現在」そして「未来」の自分のことを皆に発表(宣言・約束)しています。
「幸せとは夢を叶えること」という思いが全員に浸透しているからです。

そして、全員が助け合いながら、目標に向けて進んでいく・・・
それが私たちの会社「サンメディア」です。


『あるスタッフの「現在」そして「未来」』

「現在の自分」
 まだまだシステム開発に関して、知識が乏しく、技術的に至らない点があります。
 ただ、仕事に対するやる気だけは人一倍持っています。
 今はひたすら成長を目指しています!
 途中で壁にぶつかることもありますが、私の強みは「辛抱強い」ところ。
 この長所を生かして、壁を乗り越えていく自信があります。
 いままで任された仕事を投げ出したことはありません。

「成長した未来の自分」
 この業界に入り、実務を繰り返していく経験を通して、
 今では、様々な言語を使い分けて仕事をしています。
 ここまで成長するには、正直、苦しい日々を過ごしたこともありました。
 早くプロになるために、プライベートな時間を使って勉強をしたり、
 時間を作り出して、様々な人と交流をするようにしてきました。
 いま言えることは、そうした経験や壁を乗り換えてきたことによって、
 自分がとても輝いていると思っています。

 ただ、これで終わりではありません。
 ここまで成長できた自分に自信をもって、これからも未経験の分野に
 足を踏み入れ、更なる成長をしていきます。

「どう実現するのか」
 私なりの方法で未来の自分になっていることを約束します。
 私なりに考えた詳しい実現方法は、研修会での発表の通りです!

 トライ&エラー。サンメディアスピリッツは「挑戦」です。
 お客様、サンメディアの皆、見ていてください。
 目の前のお客様に最大級の満足をしてもらえるため、
 今日も私は目標に向けて走り続けます。

(システム開発部 H)

2009.11
--------------------------------------------------------

プロジェクト発表会

サンメディアでは、各部署のスタッフがどのような仕事をしているのか、
毎月一回スタッフ全員が集まり、
それぞれのプロジェクトの業務内容発表会を行っています。

毎回、担当者がプレゼン内容を考えて発表をしていますが、
基本的な内容は、

・どのような業務を行っているのか(機密保持を守ったなかで説明)
・その業務を通して成長したこと、学んだこと
・今後、どのように活かしていきたいか
・失敗談、そして、その経験の活かし方
・プロジェクト内の自分の役割
・未知のこと、新しいテーマ、ハードルを上げたことに
 『チャレンジ』しているか
・質疑応答
   ・
   ・
   ・
   など

を45分から1時間程度で行っています。
それにより、違うプロジェクトのスタッフ同士でも、
成功例や改善点を共有し、自分のプロジェクトをより良くする
『チャレンジ』を行っています。
また、質疑応答でお互いにコミュニケーションを図り、
相手の業務内容を深く知る事により、スタッフ同士の絆を強くしています。



2008.11
--------------------------------------------------------

議題 : プログラミング言語について

現在私たちは、各自異なるプログラミング言語で開発を行っています。
そこで、それぞれが日々慣れ親しんでいるプログラミング言語について、
話し合いました。

私たちが、開発に使用している言語にはC、Java、VB、.net等があります。
現在多くの社員がJavaでの開発を行っていたため、Javaと他言語との比較を中心に行いました。
Java:
プラットフォームに依存しない。
Webアプリケーションに特化した言語である。
C:
Unix、Linuxに強い言語である。
バッチ処理が速い。
VB【.net】:
クライアント画面を開発することに適している。
デバッグ処理を行ない易い。


などの意見が出ました。
感想としては
「興味のある言語を日頃からアピールして、いずれその言語で開発が出来るようにしたほうが良い」
「ある言語を突き詰めて、その言語のスペシャリストを目指すことも一つの方法」
「処理方法が違うが、いずれの言語もアルゴリズムは同じ」
「Cのアルゴリズムを土台にして、他の言語をみるとやりやすい」
がありました。
興味がある言語をメインに開発することは、難しいですがそれが言語理解の一番の近道かもしれません。

2007.08
--------------------------------------------------------

議題 : 次世代DVD規格について

 現在テレビ放送が地上波デジタルへと切り替わりつつあります。しかし地上波デジタルを録画する方法で最も普及されているのは DVDですが、それでは地上波デジタルをきれいに録画することができません。  そこで出てきたのが、次世代DVDです。今月はこの次世代DVDの今後について話し合いました。
 次世代DVDの特徴は、地上波デジタルの転送速度に合わせている為、録画された映像が綺麗であることが挙げられます。 現在、次世代DVDは規格が異なるBlu-rayとHD-DVDの二つがあり、シェア争いが行われています。Blu-rayはテレビ録画を目的とし、 HD-DVDは市販HDビデオコンテンツを主たる目的としているという違いがあります。
 しかし、これらは現行DVDとも規格が異なるので、次世代DVDへ切り替えるにはレコーダー本体も買い換える必要があり、まだまだ価格が高いことと、 テレビ放送を地上波デジタルに切り替えていない家庭も多いことから、どちらの規格に統一されるかはまだ先になりそうです。
 現行のDVDと規格が異なるので、「今後現行のDVDはテレビ番組の録画などには使われなくなるのではないか」 と心配する意見も出ていました。

2006.09
--------------------------------------------------------

議題 : 資格取得について

 秋の基本情報技術者試験の申し込みが始まりました。
 弊社では資格取得を奨励していることもあり、  資格取得への意欲向上の一環として資格に関する研修会を開催しました。
 資格にはTOEICなど言語に関するものや福祉に関するものなど、さまざまなジャンルのものが存在しています。 弊社はシステム開発会社の為、数ある資格の中でも情報系の資格に重点を置いて話し合いました。 情報系では基本情報技術者の資格を始め、多くの資格が存在しており、資格取得に意欲を見せていました。
 また、取得の為の勉強は業務に直結する内容が多いことがわかりました。 資格取得に積極的に挑戦することが、相乗効果として業務にフィードバックされるとの意見もあり、 それぞれの能力、業務に即した資格取得に挑戦していこうという意識が高まっています。

2006.08
--------------------------------------------------------

議題 : ソフトウェアショーに参加して

 6月28〜30日に開催されていたソフトウェアショーに今年4月に入社した社員2人が参加してきました。 今回の研修会ではソフトウェアショーで展示されていた各技術について紹介し、先端技術について社員で共通認識を持つことが 目的です。
 セキュリティ部門ではウィルスによるデータ流出対策のみならず、ノートPCの盗難等が起こったときの情報流出を防ぐ対策などが紹介されました。
「セキュリティと言えばウィルス対策しか考えていなかったけど、PCが盗難された時の対策などについても 研究が行われていることを知りました」などの感想がありました。
 その他の部門についても紹介があり、2人にとって幅広く最新技術に触れ新鮮な一日だったようです。
 今回は初めてのショーへの参加だった為、会場全体を回ることに終始した2人でしたが、来年行く時はそれぞれ興味がある範囲を重点に積極的に回りたいと意欲を見せていました。

2006.07